• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

灯火可親の解説 - 学研 四字熟語辞典

灯火に親しむこと。涼しくさわやかな秋の夜長は、灯火のそばで読書をするのに適しているということ。また初秋の形容。
注記
「灯火とうかしたしむ可し」と読み下す。
表記
「灯火」を「灯下」と書きちがえない。
出典
韓愈かんゆ「符しょを城南じょうなんに読む」

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。