• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

無色透明の解説 - 学研 四字熟語辞典

色がついていないで、すきとおっていること。また、そのさま。転じて、くもりがなく明らかなこと。意見などが偏っていないこと。
注記
同じ意味のことばを重ねて強調したもの。
用例
実験第八日目には、ガラス管の中のガスは、無色透明になってしまった。〈海野十三・生きている腸はらわた
goo辞書 その言葉、間違っていませんか?投稿前に文章をチェック!

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。