• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 病気のために筋肉が固くなるなどして、皮膚が高く盛り上がっているもの。

  1. からだの一部をひどく打ったりして、そこが一時的に盛り上がったもの。たんこぶ。「転んで額に―ができる」

  1. 表面が盛り上がっているもの。「ラクダの―」「木の―」

  1. ひもの結び目。

  1. 自由な行動のさまたげになるもの、やっかいなもののたとえ。多く、子供をいう。「目の上の―」「―つきの女性」

[補説]書名別項。→

秋元不死男による句集。昭和25年(1950)刊。収録された句のうち約半数が、昭和16年(1941)から昭和18年(1943)にかけて、秋元が俳句弾圧事件で投獄されていた際の獄中句。