[名]檜 (ひのき) や杉で作った柱。
    1. 「―作る杣人 (そまびと) いささめに仮廬 (かりほ) のためと作りけめやも」〈・一三五五〉

(真木柱)源氏物語第31巻の巻名。鬚黒 (ひげくろ) 大将が玉鬘を愛人としたために起こる家庭内の紛争を描く。また、鬚黒大将の娘の名。
[枕]真木柱は太いものであるところから、「太し」にかかる。
    1. 「―太き心はありしかどこの我 (あ) が心鎮 (しづ) めかねつも」〈・一九〇〉

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉