• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

砲煙弾雨の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

砲弾を撃ち合う激しい戦い。また、そのさま。▽「砲煙」は大砲を撃つときに出る煙。「弾雨」は弾丸が雨のように盛んに飛んで来るさま。「煙」は「烟」とも書く。
句例
砲煙弾雨の中
用例
砲煙弾雨の間に暮した前半生も、社交と旅行とに費やした後半生も、実は皆人心の観察や解剖に捧げたのだ。<上田敏・うづまき>
類語
硝煙弾雨しょうえんだんう 弾丸雨注だんがんうちゅう

砲煙弾雨の解説 - 小学館 大辞泉

砲煙と激しく飛んでくる弾丸。戦闘の激しいようすをいう。

goo辞書 その言葉、間違っていませんか?投稿前に文章をチェック!

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。