• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 神をたたえ、神力発揚を期してうたう歌。

    1. 「―を歌ひ給ひければ、天照大神 (あまてらすおほむかみ) 是にめで給ひて」〈太平記・二五〉

  1. 平安後期の雑芸 (ぞうげい) の一。本来神楽歌直系であるが、のちに世俗の流行歌謡に移行する。2句の短歌形式のものと4句の今様形式のものとがある。

  1. 能の「翁 (おきな) 」のときにうたう歌。しんか。

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。