• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

高橋克彦の短編小説。主人公の隠された記憶が徐々に明かされていくミステリー。平成3年(1991)刊行。同年、第106回直木賞受賞。

[文学/戦後の作品]カテゴリの言葉