カヤツリグサ科スゲ属の多年草の総称。至る所に生え、カサスゲマスクサコウボウムギカンスゲなど日本には約200種ある。茎は三角柱で節はない。葉は線形で、根生。葉の間から茎を直立させ、小穂をつける。葉を刈って、笠・蓑 (みの) ・縄などの材料とする。すが。 夏》「―干して夕くらがりに川ゆかす/鶏二」