• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

イグサ科の多年草。湿地に自生し、また、水田で栽培する。高さ約1メートル。茎は円柱形。葉はうろこ状。夏、緑褐色の花をつけ、苞 (ほう) を長く伸ばす。茎は畳表・花むしろの材料。白い髄は、昔、灯心に用いた。灯心草。あかりも。いぐさ。 夏》「―の花を見て雨ごもり居たりけり/秋桜子