• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ヤマブキの茎の髄などで、花・鳥などの小さな形を作り、杯や杯洗などに浮かべると、開くようにしたもの。 夏》

[補説]書名別項。→酒中花

石田波郷の第7句集。昭和43年(1968)刊行。第19回芸術選奨文部大臣賞を受賞。石田没後の昭和45年(1970)には、遺族によって編まれた第8句集「酒中花以後」が刊行されている。