• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

雄材大略の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

傑出して大きな才能と計画のこと。▽「雄材」は優秀な才能のこと。「雄」は秀でる、すぐれること。「材」は才能・能力のこと。「略」ははかりごと・計画・計略のこと。「材」は「さい」とも読む。
出典
『漢書かんじょ』武帝紀ぶていき
句例
雄材大略を用いる

雄材大略の解説 - 学研 四字熟語辞典

すぐれた才能と、遠大な計画。とびぬけた才覚があり、立てる計略もすぐれていること。中国前漢の武帝を班固はんこが評したことば。
注記
軍事的な作戦や、事業の計画などについていう。「雄材」は、すぐれた才覚のこと。「大略」は、大きな計略。
表記
「雄材」は、「雄才ゆうさい」とも書く。
出典
『漢書かんじょ』武帝ぶてい・賛

キーワード[才能・実力・能力]の四字熟語

やりがちな表現を変えたい!言い換え、類語がアプリでわかる idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。