• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
狂言。大名が靫 (うつぼ) の革にするため、猿引きに小猿要求するが、小猿無心なさまに心を打たれて許し、猿引きは礼に猿を舞わす。
歌舞伎舞踊常磐津 (ときわず) 。本名題「花舞台霞の猿曳 (さるひき) 」。2世中村重助作詞、5世岸沢式佐作曲。天保9年(1838)江戸市村座初演狂言「靭猿」の大名を奥女中に、太郎冠者奴 (やっこ) にしている。
長唄明治2年(1869)に2世杵屋勝三郎 (きねやかつさぶろう) が作曲
goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

検索ランキング

2023年5月