• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《形容詞「酸 (す) し」の終止形から》

  1. 塩をふった魚介類を飯とともに漬け、自然発酵によって酸味を生じさせたもの。熟 (な) れずし。生熟れ。 夏》

  1. 酢で調味した飯に、生、または塩や酢をふりかけた魚などの具を配した料理。握りずし散らしずし蒸しずしなど。酢は暑さに耐えるので夏の食品とされた。 夏》