• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

李攀竜の解説 - 小学館 大辞泉

[1514~1570]中国、代の文人。歴城(山東省)の人。字 (あざな) は于鱗 (うりん) 。号、滄溟 (そうめい) 。後七子 (ごしちし) の一人。古文辞を重んじて「文は秦漢、詩は盛唐」を主張し、荻生徂徠 (おぎゅうそらい) らに影響を与えた。「唐詩選」の編者に擬せられて、名を知られている。

[文学/外国の作家・文学者]カテゴリの言葉