楊貴妃の解説 - 小学館 大辞泉

[719~756]《「貴妃」は女官の位の名》中国、唐の玄宗皇帝の妃。永楽(山西省)の人。初め玄宗の子寿王の妃。歌舞音曲に通じ、また聡明であったため、玄宗に召されて貴妃となり、寵を一身に集め、楊一族も登用され権勢を誇った。安禄山の乱で長安を逃れる途中、官兵に殺された。白居易の「長恨歌」をはじめ、多くの文学作品の題材となった。
謡曲。三番目物金春禅竹作。玄宗皇帝の命を受けた方士 (ほうし) が、亡き楊貴妃の霊を仙界の蓬莱宮 (ほうらいきゅう) で尋ねあてると、楊貴妃の霊はかつての玄宗との愛などを語る。

[世界史/世界史の人物]カテゴリの言葉

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉

出典:青空文庫

出典:gooニュース