• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

田能村竹田の解説 - 小学館 大辞泉

[1777~1835]江戸後期の文人画家。豊後 (ぶんご) の人。名は孝憲 (たかのり) 。字 (あざな) は君彝 (くんい) 。藩政に対する不満から官を辞し、頼山陽浦上玉堂などの文人墨客と交わる。「亦復一楽帖 (またまたいちらくじょう) 」に代表される清高淡雅な絵を描く一方、詩文にもすぐれた。画論書に「山中人饒舌」がある。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉