出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 古代中国で、月・太陽などの位置を示すために、赤道黄道 (こうどう) 付近で天球を28に区分し、それぞれを一つの宿としたもの。月はおよそ1日に一宿ずつ動く。

[補説]角 (かく) (すぼし)・亢 (こう) (あみぼし)・氐 (てい) (ともぼし)・房 (ぼう) (そいぼし)・心 (しん) (なかごぼし)・尾 (び) (あしたれぼし)・箕 (き) (みぼし)・斗 (と) (ひきつぼし)・牛 (ぎゅう) (いなみぼし)・女 (じょ) (うるきぼし)・虚 (きょ) (とみてぼし)・危 (き) (うみやめぼし)・室 (しつ) (はついぼし)・壁 (へき) (なまめぼし)・奎 (けい) (とかきぼし)・婁 (ろう) (たたらぼし)・胃 (い) (えきえぼし)・昴 (ぼう) (すばるぼし)・畢 (ひつ) (あめふりぼし)・觜 (し) (とろきぼし)・参 (しん) (からすきぼし)・井 (せい) (ちちりぼし)・鬼 (き) (たまおのほし)・柳 (りゅう) (ぬりこぼし)・星 (せい) (ほとおりぼし)・張 (ちょう) (ちりこぼし)・翼 (よく) (たすきぼし)・軫 (しん) (みつかけぼし)の28。
書名別項。→二十八宿
  1. 連句の形式の一。初表 (しょおもて) 6句・初裏8句、名残の表8句・裏6句の28句を一巻としたもの。