出典:デジタル大辞泉(小学館)

二分した割符のうち、自分が持つほうの一片。他片を右契といい、相手に渡して約束のしるしとした。転じて、約束の証拠。左券。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉