出典:デジタル大辞泉(小学館)

《原題、(ギリシャ)Peri poiētikēsアリストテレスの著作。現存のテキストは26章からなり、大部分は悲劇論が占める。模倣説(ミメーシス)から始まり、第6章で浄化説(カタルシス)を含む悲劇の定義が述べられ、第23章以下で叙事詩が論じられる。
川路柳虹による詩論。昭和10年(1935)刊。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉