土地。地面。ちしょ。

  1. 字典」に同じ。

  1. 辞書1」に同じ。

自分で自分のことを処置すること。

「才徳をもって―すべからず」〈孔雀楼筆記・二〉

[名](スル)自分で書くこと。また、書いたもの。自筆。「遺言状を自書する」
[名](スル)自分で自分の氏名を書き記すこと。また、その署名。「誓約書に自署する」
  1. 多数の語を集録し、一定の順序に配列して一つの集合体として、個々の語の意味・用法、またはその示す内容について記したもの。語のほかに接辞や連語・諺なども収める。また、語の表記単位である文字、特に漢字を登録したものも含めていう。辞書は辞典(ことばてん)・事典(ことてん)・字典(もじてん)に分類されるが、現実に刊行されている辞書の書名では、これらが明確に使い分けられているとはいえない。辞典。字書。字引 (じびき) 。

  1. パソコンの日本語入力システムワープロソフトで、入力した仮名を漢字に変換するために登録されている語・熟語・類語などのファイル。また、自動翻訳システムで、語の対応や文法などを登録しておくファイル。

  1. 先帝が新帝から贈られる太上 (だいじょう) 天皇の尊号を辞退する意を述べた書状。御奉書。御辞書。

  1. 辞表。じそ。

    1. 「このごろ大弐 (だいに) ―奉りたれば」〈栄花・見果てぬ夢〉

  1. 天子の印の押してある文書。親勅。

  1. 古代中国で、諸侯・大夫の封印の押してある文書。以後は、御璽を押した天子の詔書

出典:青空文庫