短歌雑誌。明治41年(1908)蕨真一郎 (わらびしんいちろう) が「阿羅々木」として創刊。翌明治42年(1909)、「アララギ」と誌名を改め、伊藤左千夫を中心に編集、古泉千樫 (こいずみちかし) 斎藤茂吉島木赤彦土屋文明らが参加。万葉調の写生を重んじる歌風で、近代短歌の発展に貢献した。平成9年(1997)廃刊。

出典:青空文庫