一部始終の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

始めから終わりまで。物事の最初から最後までの詳しい事情すべて。もとは一部の書物の最初から最後までの意。
句例
事件の一部始終、一部始終を話す
用例
間崎はこの一部始終を眺めて驚きもし、羨うらやましくも思った。<石坂洋次郎・若い人>
類語
一伍一什いちごいちじゅう

一部始終の解説 - 学研 四字辞典熟語

一冊の書物の始めから終わりまでの意から、事件や物事の始めから終わりまでの詳しいいきさつ。事のなりゆき。てんまつ。
注記
「一部」は、一冊(の書物)。「始終」は、始めから終わりまで。
用例
その翌日京へ帰った禅師の君から聞いて、その女房は私のところへ来て、一部始終を繰り返し、〈堀辰雄・ほととぎす〉

一部始終の解説 - 小学館 大辞泉

  1. 2が原義》成り行きの初めから終わりまで。顛末 (てんまつ) 。一伍一什 (いちごいちじゅう) 。「一部始終を詳しく話す」

  1. 書物の初めから終わりまで全部。

    1. 「学問すべしと言へばとて―を心得渡し」〈一言芳談

キーワード[全部]の四字熟語

キーワード[始め/終わり/ずっと]の四字熟語

出典:青空文庫