開口一番の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

何かを話し始める一番最初に。口を開くやいなや。▽「開口」は口を開くこと。話し始める意。
句例
開口一番の言葉
用例
開口一番一寸ちょっと休まなければやり切れない位のものだ。<夏目漱石・倫敦消息>

開口一番の解説 - 学研 四字熟語辞典

話し始めてすぐに。口を開くや否や。
注記
「開口」は、口を開くことから、話し始めるの意。

開口一番の解説 - 小学館 デジタル大辞泉

  1. 話し始めるいちばん初め。副詞的にも用いる。口を開くやいなや。「—相手批判した」

  1. 寄席や落語会などで、いちばん初めに演じる前座3のこと。

出典:青空文庫

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。