二六時中の解説 - 学研 四字熟語辞典

一日中、朝から晩までずっと。転じて、いつも、年中。
注記
昔、一日の時間を大きく二つに分けて、さらにそれぞれを六つに分けて時刻を表したことから。
用例
幼年時は百日咳、ジフテリヤ、チフス、赤痢、おまけに狂犬にさえ嚙まれた経験さえあるほど多災多病で、時々めまいがして卒倒したり、二六時中、生命の危険に直面させられていた。〈田中英光・さようなら〉
類語
四六時中しろくじちゅう

二六時中の解説 - 小学館 デジタル大辞泉

《昔、1日が12刻であったところから》終日。一日中。また、いつも。「—警戒にあたる」→四六時中

出典:青空文庫

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。