1. 5種の味覚。物の味の5種。甘さ・酸 (す) っぱさ・辛 (から) さ・苦 (にが) さ・鹹 (しおから) さ。

  1. 大般涅槃 (だいはつねはん) 経に説く、牛乳を精製して順次に生ずる五つの味。乳味・酪味・生酥 (しょうそ) 味・熟酥味・醍醐 (だいご) 味で、醍醐味を最高の味として仏の涅槃にたとえる。天台宗ではこれを釈迦1代の教説の順序になぞらえ、五時教に配する。

出典:gooニュース

出典:青空文庫