• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

凋氷画脂の解説 - 学研 四字熟語辞典

氷に彫刻し、油に絵を描く意で、努力しても効果のないこと。労力が無駄に終わることのたとえ。
注記
「凋」は、「彫」と同じで、刻む。「画脂」は、油に描くことで、「かくし」とも読む。「氷こおりに凋りて脂あぶらに画えがく」と読み下す。
表記
「氷」は、「冰」とも書く。
類語
画脂鏤氷がしろうひょう

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。