• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

和氏之璧の解説 - 学研 四字辞典熟語

この世にめったにないほどの宝物のこと。
注記
「和氏」は、人名で、楚の卞和べんか。「璧」は、宝玉のこと。「璧」は、「たま」とも読む。
表記
「璧」を「壁」と書きちがえない。
故事
中国春秋時代、楚の卞和べんかが山中で宝玉の原石を手に入れて、厲王れいおうに献上したが、つまらない石と見られて左足を切られ、のちに武王ぶおうに献上したが、またただの石とされて右足を切られた。のちに文王のときになってようやく真の宝玉であると認められたという。
出典
『韓非子かんぴし』和氏かし
類語
隋珠和璧ずいしゅかへき

キーワード[大切]の四字熟語