後生大事の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

非常に大切にすること。そのことを揶揄やゆして用いることが多い。もとは仏教の語で、来世の安楽を願ってひたすら善行を積んで仏道に励むことをいった。▽「後生」は死んで後の世に生まれ変わること。来世。また、来世で極楽に生まれ変わること。
句例
古い新聞を後生大事にとっている

後生大事の解説 - 学研 四字熟語辞典

心をこめて物事にはげむこと。また、物を大切にすること。
注記
もともとは仏教のことばで、「後生」は、死んで来世らいせに生まれ変わること。来世の安楽を願うために、一心不乱に仏道にはげむことが大事であると、信心を説いたことば。「後生一大事」の略。「後生」を「こうせい」と読み誤らない。

後生大事の解説 - 小学館 大辞泉

  1. 後生の安楽をいちずに願うこと。

  1. 物事を大切にすること。「師の教えを―に守る」「空箱を―にしまっておく」

キーワード[大切]の四字熟語

出典:青空文庫