• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

後生菩提の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

来世に極楽に生まれ変わること。また、来世に悟りをひらくこと。▽仏教語。「後生」は死んで後の世に生まれ変わること。来世。また、来世で極楽に生まれ変わること。「菩提」は悟り、悟りの境地。

後生菩提の解説 - 学研 四字熟語辞典

来世らいせで極楽に生まれ変わり、悟りを開くこと。
注記
仏教のことば。「後生」は、死んで来世らいせに生まれ変わること。「菩提」は、梵語ぼんごの音訳で、悟りを開くこと。また、極楽往生をとげること。「後生」を「こうせい」と読み誤らない。
用例
もし、貴僧にお志あらば、亡父の後生菩提をお弔い下されい!〈菊池寛・仇討三態〉

後生菩提の解説 - 小学館 大辞泉

仏語。来世に極楽に生まれて、悟りを開くこと。後世菩提 (ごせぼだい) 。