• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

掌中之珠の解説 - 学研 四字熟語辞典

自分のいちばん大事なたからもの。手の中に握りしめている大切な珠玉という意味。最愛の妻や子どもをさす場合が多い。
注記
「掌中」は、手のひらの中。「珠」は、美しい宝石類のこと。また、真珠。転じて美しいものや大切なもののたとえ。
出典
傅玄ふげん「短歌行たんかこう

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。