• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

困知勉行の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

才能に恵まれない者が発憤し、ひたむきに努力を重ねること。人が踏み行うべき人倫の道を認識実践していく三つの道程、「生知安行」「学知利行」「困知勉行」の第三。▽「勉行」はひたすら努力して実践すること。修養には先の三段階があるが、道が違うのみで結果は同じであるから才能の劣った者でも努力すべきことをいう語。
出典
『中庸ちゅうよう』二〇章

困知勉行の解説 - 学研 四字熟語辞典

苦労して学び、ひたすら努力して物事実行すること。
注記
「困」は、苦しむこと。「困知」は、才能がないために、さんざん苦労したあげくにやっと知ることができること。「勉」は、つとめる・はげむ。「勉行」はひたすら努力して行うこと。『中庸ちゅうよう』では、生まれつきの能力によって、修養には「生知安行せいちあんぎょう(生まれながらに知っていて、心安らかに実行する)」「学知利行がくちりこう(学ぶことで知り、ためになるとして実行する)」「困知勉行」の三つの段階があるとするが、道が違うだけで結果は同じだから才能に恵まれない者でも努力すべきだとすることば。
出典
『中庸ちゅうよう』二〇
goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

検索ランキング

2023年7月