• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

図南鵬翼の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

大事業や海外進出を企てることのたとえ。大きな志のたとえ。▽「図南」は南の海(南冥なんめい)に行くことをはかる意。「鵬」はおおとり。
出典
『荘子そうじ』逍遥遊しょうようゆう
句例
図南鵬翼の志
用例
図南の鵬翼は遂げ得なんだが、物産ぐらい殖ふやさなんだでは、政宗の顔が立たぬわ。<山岡荘八・伊達政宗>
類語
図南之翼となんのよく
故事
おおとりが南の果ての海(南冥)を目指して大きく羽ばたいていったという故事から。

図南鵬翼の解説 - 学研 四字辞典熟語

大志を抱くこと。また、海外進出や大事業を企てること。
注記
「図南」は、南の海に羽ばたくことを図ること。「鵬翼」は、おおとりの翼。おおとりが南の海に向かって大きく羽ばたいたという説話から。
出典
『荘子そうじ』逍遥遊しょうようゆう
類語
万里鵬翼ばんりほうよく 鵬程万里ほうていばんり

キーワード[外国]の四字熟語

キーワード[事業・大事業]の四字熟語