• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

如是我聞の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

仏典の冒頭に置かれる語。「このように私は聞きました」という意味。仏の説であることを示すために、釈迦しゃかが弟子の阿難に経典きょうてんの冒頭に冠させたといわれる。▽仏教語。「如是」はこのようにの意。「我聞」はそれを聞いたこと。「是かくの如ごとくを我われは聞けり」と訓読する。「我聞如是がもんにょぜ」ともいう。
用例
如是我聞、仏説阿弥陀経あみだきょう、声は松風に和して心のちりも吹払わるべき御寺様の庫裏より<樋口一葉・たけくらべ>

如是我聞の解説 - 学研 四字辞典熟語

仏教の経典の冒頭に必ず出てくることばで、「このように私は仏から聞いた」という意。転じて、人から聞いたことをそのまま信じて疑わないこと。
注記
仏教のことば。「我聞如是がもんにょぜ」ともいう。釈迦の弟子の阿難あなんが釈迦の遺言により、釈迦の教えをきちんと伝えるために、経文の冒頭に記したとされている。「是かくの如ごとく我われは聞けり」と読み下す。「如」を「じょ」、「聞」を「ぶん」と読み誤らない。
用例
如是我聞、仏説阿弥陀経あみだきょう、声は松風に和して心のちりも吹払はるべき御寺様の庫裏くりより生魚なまうおあぶる烟けぶりなびきて、卵塔場らんとうばに嬰子ややの襁褓むつきほしたるなど、お宗旨によりて構ひなき事なれど…。〈樋口一葉・たけくらべ〉

如是我聞の解説 - 小学館 大辞泉

仏語。このように私は聞いた、の意。経典の冒頭に記される語。経典中の釈迦 (しゃか) の言動を、経蔵の編集者とされる阿難が聞いたことを示す言葉。