• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

妻子眷族の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

妻や子など、家族と血縁にある親族のこと。また、一族とその従者や部下。▽「眷族」は血のつながりのあるもの。一族。また、従者や部下。「族」は「属」とも書く。
用例
いずれ期日は知らせることにするが、その日には、皆妻子眷属残らず引きつれて来て見物してくれるよう。<海音寺潮五郎・柳沢騒動>
類語
一族郎党いちぞくろうとう 一家眷族いっかけんぞく

妻子眷族の解説 - 学研 四字熟語辞典

妻や子ども、身内、血縁関係にある親族のこと。また、従者や臣下も含めた一族のこと。
注記
「眷族」は、「眷属」とも書く。
用例
いったいおれたちが、妻子眷族を見捨てて、ここまでお前さんに、ついて来たのは、何のためだと思うのだ。〈菊池寛・入れ札〉
類語
一族郎党いちぞくろうとう 一家眷属いっかけんぞく

キーワード[家族]の四字熟語

goo辞書 その言葉、間違っていませんか?投稿前に文章をチェック!

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。