• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

子子孫孫の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

末代まで。孫子まごこの代まで。代々。子孫の続く限りの意。▽「子孫」を重ねて強めた語。「孫孫」は「そんぞん」とも読む。
出典
『書経しょきょう』梓材しざい
句例
子々孫々に至るまで語り継ぐ、子々孫々に伝えられる
用例
いや日本にゃあ、もっと徹底したものがありますよ。武士道により死んだものは、子々孫々末代に及んで、その家栄ゆるの制がある。<子母沢寛・勝海舟>

子子孫孫の解説 - 学研 四字辞典熟語

孫子まごこの代まで。代々。末代まつだいまで、ずっと。子孫の続く限り延々と、子孫のそのまた子孫までという意味。
注記
「子孫」を重ねて強調したことば。「ししそんぞん」とも読む。
出典
『書経しょきょう』梓材しざい

子子孫孫の解説 - 小学館 大辞泉

子孫の末の末。子孫の続く限り。「子子孫孫に至るまでの家訓とする」

キーワード[家族]の四字熟語