• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

家徒四壁の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

きわめて貧しいことのたとえ。もとは家の中に家財がなく、ただ四方の壁だけが立っている意。▽「徒」は「ただ」「…だけ」の意。「家いえ、徒ただ四壁しへきのみ」と訓読する。
出典
『史記しき』司馬相如伝しばしょうじょでん
類語
家徒壁立かとへきりつ 環堵蕭然かんとしょうぜん

家徒四壁の解説 - 学研 四字熟語辞典

きわめて貧しいことのたとえ。四方の壁以外は家の中に何もないという意から。
注記
「家いえ、徒ただ四壁しへき立つのみ」の略。「徒」は、「わずかに」「…だけ」の意。
出典
『史記しき』司馬相如しばしょうじょ
類語
環堵蕭然かんとしょうぜん

キーワード[貧しい]の四字熟語

goo辞書からアプリ誕生!文章作成×辞書検索 idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。