文久2年(1862)尊王攘夷派の薩摩 (さつま) 藩士有馬新七らが、関白九条尚忠・所司代酒井忠義の殺害を企て京都伏見の宿屋寺田屋に結集したのを、島津久光が家臣を遣わして襲い、殺害した事件。寺田屋騒動。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉