• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

幽明異境の解説 - 学研 四字熟語辞典

死に別れること。現世とあの世と、住む場所が違ってしまったという意。
注記
弔辞などで使われることば。「幽」は、あの世・冥土めいどのこと。「明」は、現世のこと。「異境」は、住むところが異なること。「幽明ゆうめい、境さかいを異ことにす」と読み下す。

キーワード[生死]の四字熟語