1. 手の先の部分。指先。「手先が器用だ」

  1. 手下となって使われる者。「盗賊の手先」

  1. 江戸時代、捕吏の手下となって働いた者。目明かし。おかっぴき。

  1. 雁股 (かりまた) のやじりの先端。

  1. 兜 (かぶと) の吹き返しの前のところ。

  1. 先頭の兵。先鋒 (せんぽう) 。

    1. 「五百余騎…、―をまくりて中を破 (わ) らんとするに」〈太平記・二六〉

    1. ㋐扉の釣り元から最も遠い部分。

    2. ㋑2枚折りの唐戸釣り元から遠いほうの戸。

    3. ㋒土蔵の扉の幾重かになっている段。

    4. 斗栱 (ときょう) で、壁面よりも前に突き出ている斗組みの列。その数によって一手先・二手先・三手先 (みてさき) などという。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

出典:青空文庫