1. まるめた綿を芯 (しん) にし、その上を色糸で巻いたまり。また、それを手でつく遊び。今は、表面に彩色を施したゴム製のものが多い。 新年》「焼跡に遺る三和土や―つく/草田男

  1. 手鞠花 (てまりばな) 」の略。

[生物/植物名]カテゴリの言葉

[生活/その他]カテゴリの言葉

[新年/生活]の季語

出典:青空文庫