• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

換骨奪胎の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

古人の詩文の表現や発想などを基にしながら、これに創意を加えて、自分独自の作品とすること。他人の詩文、また表現や着想などをうまく取り入れて自分のものを作り出すこと。骨を取り換え胎盤を奪い取って、自分のものとする意から。▽もと、「換骨」は凡骨を取り去って仙骨に取り替える、「奪胎」は胎盤を奪い生まれ変わらせる意で、修練をして根本から仙人に生まれ変わることをいう道家の語。転じて、詩文の創作法として「換骨」は、古人の詩文の意味を変えないで字句を変えること。「奪胎」は古人の詩文の内容・主意を取って作りかえること。今では、他人の作品の一部を作りかえて、新しいもののように見せかける意に用いられることもある。「奪胎換骨だったいかんこつ」ともいい、「奪」は「脱」とも書く。「骨ほねを換え胎たいを奪うばう」と訓読する。
出典
『冷斎夜話れいさいやわ』一
用例
こう云う詩集などの表現法を換骨奪胎することは必かならずしも稀まれではなかったらしい<芥川竜之介・芭蕉雑記>
類語
点鉄成金てんてつせいきん
活用形
〈―スル〉

換骨奪胎の解説 - 学研 四字辞典熟語

先人が残した詩や文章の発想や形式を利用して、自分独自の作品を作り上げること。転じて、外見や外形はもとのままで中身だけを取り換えること。現在では、他人の作品にちょっと手を加えて、自分の独創的な作品であるように見せかけるといった悪い意味で使うことが多い。
注記
元来は、中国北宋ほくそうの詩人黄庭堅こうていけんが詩作の技法の一つとして主張したことば。「換骨」は、骨を換えること。「奪胎」は、胎児の宿るところ(子宮)を奪う。「奪胎換骨だったいかんこつ」ともいう。「骨ほねを換え胎たいを奪うばう」と読み下す。
出典
『冷斎夜話れいさいやわ』一

換骨奪胎の解説 - 小学館 大辞泉

[名](スル)《骨を取り換え、胎 (こぶくろ) を取ってわが物として使う意》先人の詩や文章などの着想・形式などを借用し、新味を加えて独自の作品にすること。