• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

摂取不捨の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

仏がこの世の衆生しゅじょう、生きているものすべてを見捨てず、仏の世界に救い上げること。▽「摂取」はその慈悲心で衆生を仏の世界に救うこと。「不捨」は仏がどのような生き物をも見捨ててしまうことはないということ。
出典
『観無量寿経かんむりょうじゅきょう
句例
摂取不捨の利益りやく
用例
法悦の至境はおのずからなる摂取にある。摂取不捨の姿に身も心も投げすててぬかずいたのだ。<亀井勝一郎・大和古寺風物詩>

摂取不捨の解説 - 小学館 デジタル大辞泉

仏語。阿弥陀仏がその光明の中に念仏の衆生 (しゅじょう) を救いとって捨てないこと。阿弥陀仏の救済をいう。

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。