• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

撃壌之歌の解説 - 学研 四字熟語辞典

天下泰平で、人々が平和で安楽な暮らしを楽しんでいることのたとえ。
注記
「壌」は、地面のことで、「撃壌」は、地面を足で踏みならして拍子をとること。
故事
中国古代、帝尭ぎょうが国情を視察したとき、ある老人が腹鼓を打ち、足を踏みならしながら喜び楽しんで歌っている平和な情景を見たという。
出典
『十八史略じゅうはっしりゃく』五帝ごてい
類語
鼓腹撃壌こふくげきじょう

キーワード[平和]の四字熟語