• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

摩頂放踵の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

頭の先から足のかかとまですり減らすほど、自分を顧みず、他人のために努力すること。孟子もうしが墨子ぼくしを評した語。▽「摩」はすり減らす意。「頂」は頭のこと。「放」はいたる、とどく意。「頂いただきを摩して踵くびすに放いたる」と訓読する。
出典
『孟子もうし』尽心じんしん
やりがちな表現を変えたい!言い換え、類語がアプリでわかる idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。