• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

明目張胆の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

恐れることなく、思い切って事に当たること。また、はばかることなく、公然と物事をやってのけること。▽「明目」は目を見張って、よく物を見ること。「張胆」は肝きもを張る、勇気を奮って事に当たる意味。後世には、よくないことを公然とするときに多く用いるようになった。「目を明あきらかにし胆きもを張る」と訓読する。
出典
『晋書しんじょ』王敦伝おうとんでん
句例
明目張胆に不正を働く
類語
大胆不敵だいたんふてき