• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

機略縦横の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

策略を時に応じて自在にめぐらし用いること。▽「機略」ははかりごと・策略の意。「縦横」はたてとよこ。転じて、自由自在の意。思うままに動かすこと。
句例
機略縦横の才
用例
そうですが、そこはそれ、機略縦横で、且つ意志が強くないと行かんです。<矢野龍渓・不必要>
類語
奇策縦横きさくじゅうおう 機知縦横きちじゅうおう 知略縦横ちりゃくじゅうおう

機略縦横の解説 - 学研 四字熟語辞典

そのときどきの状況情勢に応じて、はかりごとを自由自在にめぐらし用いること。
注記
「機略」は、その場その場の時機に応じた適切なはかりごと、策略。「縦横」は、たてとよこ。転じて、自由自在の意。
用例
対手は機略縦横、評判の切れ者なのでした。途中が危ない。機を見て闇から闇へ葬ろうとの企らみがあるとすれば、必ずともに道中いずれかに油断の出来ぬ伏兵の用意もしてあるに相違ないのです。〈佐々木味津三・旗本退屈男 第十一話 千代田城へ乗り込んだ退屈男〉
類語
知略縦横ちりゃくじゅうおう
goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。