• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

櫛風沐雨の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

風雨にさらされながら、苦労して働くこと。また、世の中のさまざまな辛苦にさらされることのたとえ。▽「櫛風」は風に髪が櫛くしけずられること。「沐雨」は雨で髪が洗われること。「沐雨櫛風もくうしっぷう」ともいう。
出典
『荘子そうじ』天下てんか
句例
櫛風沐雨の人生
用例
かつ紳士諸君は、もっぱら戦争を以もって不好事となし、兵卒の櫛風沐雨の苦しみを想像して真の苦しみとなし、<中江兆民・三酔人経綸問答>
類語
櫛風浴雨しっぷうよくう 風櫛雨沐ふうしつうもく

櫛風沐雨の解説 - 学研 四字辞典熟語

外で雨風に当たりながら、あれこれ仕事で奔走すること。さまざまな苦労を重ねて働いていることのたとえ。
注記
中国古代、夏の禹王が、黄河の治水工事に奔走した伝説などから。「櫛風」は、櫛くしで髪を梳くように風にあたること。「沐雨」は、雨を浴びること。「風かぜに櫛くしけずり、雨あめに沐もくす」と読み下す。「沐雨櫛風もくうしっぷう」ともいう。
出典
『荘子そうじ』天下てんか

櫛風沐雨の解説 - 小学館 大辞泉

《「晋書」文帝紀から。風で髪をすき、雨でからだを洗うの意》風雨にさらされて苦労すること。さまざまな苦労をすることのたとえ。風に櫛 (くしけず) り雨に沐 (かみあら) う。

[喜怒哀楽を表す/苦しむ・苦労する]カテゴリの四字熟語

キーワード[活動・活躍]の四字熟語

キーワード[苦心・苦労]の四字熟語