《「はふひ(法被)」または「はんぴ(半臂)」の音変化》

  1. 和服上着の一種。広袖筒袖で、膝丈または腰丈。襟は折り返さないで着る。職人などが用いる。江戸時代は、武家中間 (ちゅうげん) 大店下僕などが家紋のついたものを、襟を羽織のように折り返して着用した。印半纏 (しるしばんてん) 。

  1. 禅寺で、椅子の背に掛ける布。

  1. 能装束の一。胸ひものない広袖上着甲冑 (かっちゅう) 武者や鬼畜などの役に用いる。

出典:青空文庫

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

検索ランキング

2023年6月