百発百中の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

発射した弾丸や矢などがすべて命中すること。転じて、予想した計画やねらいがすべて当たること。▽「百発」は矢や弾丸を百回放つこと。「中」は当たる意で、「百中」は百すべてがことごとく命中すること。
出典
『戦国策せんごくさく』西周策せいしゅうさく
句例
すべて百発百中する、百発百中の名手
用例
私はかつて流鏑馬やぶさめに熱中し、走る馬から鏑矢かぶらやを百発百中できるまでに腕が上ったことがある。<辻邦生・西行花伝>
類語
百歩穿楊ひゃっぽせんよう
活用形
〈―スル〉
故事
中国楚の養由基ようゆうきは弓の名人で、百歩離れた所から柳の葉を射たが、百本射たところ、百本ともことごとく命中させたという故事から。

百発百中の解説 - 学研 四字熟語辞典

百発打って百発命中すること。転じて、予想やねらいがすべてあたること。
注記
「百発」は、百回、矢や弾丸を発射すること。数多く撃つこと。「百中」は、百中百回、ことごとく命中すること。
故事
中国戦国時代、楚に養由基ようゆうきという弓の名人がいて、百歩離れたところから柳の葉を射ると、百本中百本ともことごとく命中させたという。
出典
『戦国策せんごくさく』西周せいしゅう

百発百中の解説 - 小学館 大辞泉

  1. 放った矢や弾丸が必ず命中すること。「―の腕前」

  1. 計画や予想がすべて当たること。

キーワード[当たる]の四字熟語

キーワード[必然]の四字熟語

出典:青空文庫