• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

百戦百勝の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

どんな戦いにも、戦えば必ず勝つこと。戦うたびに勝つこと。▽中国の兵法家孫子は、百戦百勝することは必ずしも最高によいことではなく、戦わないで敵に勝つことこそが、最高の策であるとした。
出典
『孫子そんし』謀攻ぼうこう。「百戦百勝は、善の善なる者に非あらず」
句例
百戦百勝して負けを知らない
用例
失敗すれば、当然の成り行き、しかりである。投機は百戦百勝ということはない。<江森泰吉・大隈伯百話>
類語
全戦全勝ぜんせんぜんしょう 百挙百捷ひゃっきょひゃくしょう 連戦連勝れんせんれんしょう
活用形
〈―スル〉

百戦百勝の解説 - 学研 四字熟語辞典

百回戦って百回勝つ意から、戦いにすべて勝つこと。
注記
古代中国の兵法家孫子そんしのことば。孫子は「百戦百勝」を最善という意味ではなく、戦わずして勝つことが最高の策であるという意味で用いた。出典の「百戦百勝は、善の善なる者に非あらず」による。
出典
『孫子そんし』謀攻ぼうこう
類語
連戦連勝れんせんれんしょう

百戦百勝の解説 - 小学館 大辞泉

100回戦って100回勝つこと。戦うたびに勝つこと。「百戦百勝の破竹の進撃」

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。